トップページ

地味ながらも安定したはたらき方が約束される注目の資格!
「管理業務主任者 合格率にみる試験対策」

「管理業務主任者 合格率にみる試験対策」へお越しいただきありがとうございます。
当サイトは、建築会社(営業)→マンション管理会社へ転職した管理人が、管理業務主任者試験を受けてみた実感値について解説しています。

管理業務主任者試験は、決して易しい試験ではありませんが合格率の安定している試験です。言い換えると、合格率が一定しているため、適切な攻略法をつかみやすいのが管理業務主任者の試験だといえます。

管理業務主任者がまだ新しいといいますか。いまが旬、狙い目の資格です。詳しくは本文をお読みいただければわかりますが、いま国が多くの合格者を必要としているのがこの試験。だからいまのうちは合格率も安定しているのが管理業務主任者試験ということになります。

広く建築・不動産業界を見渡すと、景況にはいまもきびしいものがあります。今後もその傾向は続くかもしれません。しかしそうした景気のなかでも安定しているのが建物管理業界です。当サイトの管理人も安定感が魅力で、慣れ親しんだ建築・不動産業界内での転身を考えました。

そして管理業務主任者となり、マンション管理に携わる道を選びました。

当サイトでは、管理業務主任者資格の試験情報、合格率・難易度はもとより、この資格の仕事内容について、また将来性などについて詳しく紹介しています。

人々の日々の暮らしを支える建築・不動産業界で、一生ものの安定したキャリアとなる働き方のひとつが管理業務主任者だと思います。
時間のムダがないよう、1回の試験で合格するためのノウハウもお伝えしています。

よろしかったら、ぜひ最後までおつき合いください。

次のページ >>