独学にお薦めのテキスト&問題集

独学にお薦めのテキスト&問題集

管理業務主任者試験の合格は、独学でも決して不可能ではないと思います。管理人自身は安全策をとり独学は避けましたが、受験資格の制限が一切ない管理業務主任者試験は、学生や女性の独学者にも合格者は多いと聞いています。

軽く見てはいけない第一印象

このページでは独学で管理業務主任者試験の勉強をする方に、適切な参考書を紹介したいと思います。
独学での教材選びで大切なのは、「自分が使いやすいかどうか」の印象値を大事にすることではないでしょうか。理論的な説明でなく申し訳ない気もしますが、いくらたくさん情報が網羅されていても、「とっつきにくい」テキストでは、やはり勉強も長続きしないと思うのです。書店でテキストを手にした時の第一印象は、結構大事です。だから試験対策の教材選びはネットで選ぶだけでなく、かならず書店へ足を運ぶようにしましょう。

W取得か、管理業務主任者単独かでテキストの選び方を変えましょう

同じ年度に管理業務主任者とマンション管理士のW取得を目指すのか、それとも管理業務主任者試験一本に絞るのか。それによってもテキスト選びは変わってきます。

W取得なら、テキストは両方の資格に対応しているもの選ぶべきで、市販のテキストはそのような書籍がたくさんあります。管理業務主任者の試験のみを目指すのでしたら、やはり管理業務主任者単体のテキストを選ぶようにしてほしいのです。
W受験を目指すよりも、当然ながら学習範囲は絞られてきますので、少ない範囲をより深く勉強することで合格の可能性もそれだけ高くなります。

お薦めの基本テキスト&問題集

【基本テキスト】
『楽学マンション管理士』(住宅新報社)
イラストや図解が豊富に使われていて理解しやすい!マンション暮らしの経験がない人にもマンションのことがよくわかる、管理業務主任者試験用の基本書です。

『マンション管理の知識』(マンション管理センター)
マンション管理に関する法律と実務、マンションの構造及び設備、管理組合の運営等に関する知識を体系的かつ総合的に解説したマンション管理の基本書です。試験対策用に編集された書籍ではありませんが、基礎知識を蓄える上では最適です。

『らくらく宅建塾』(週刊住宅新聞社)
宅建試験No.1のテキストです。管理業務主任者試験に頻出する、民法や権利関係、また建築基準法等を理解するためにお薦めの一冊です。

『マンション管理士・管理業務主任者超速要点整理』(住宅新報社)
宅建や行政書士など不動産関係の国家試験の教材で定評のある住宅新報社の一冊です。

『不動産教科書 管理業務主任者 完全攻略ガイド』(翔泳社)
管理業務主任者試験の初学者の方が、試験合格に必要な知識を効率よく修得できる構成になっています。

【問題集】
『管理業務主任者過去問題集』(TAC出版)
※過去問を学習する上で、どのような順序や方法を採るのが最も効率がよく、効果的かを十分踏まえて作成されています。

『マン管・管業Wマスター過去問集』(早稲田経営出版)
両試験の過去5年分の問題集です。

『管理業務主任者模擬試験問題集250問』(三修社)
※本問題集の5回分の模擬試験集。問題の配列もボリュームも、難易度も、本試験同様に作成されています。

<< 前のページ次のページ >>